GOV. REG. NO. 38341/062/063

Eメール

alpinesherpa@wlink.com.np

alpinetrek@wlink.com.np

メラピーク クライミング

ネパールの主要なピークへの遠征は、事前にきちんと予約されなければなりません。詳細な行程は十分な情報を得て計画されます。弊社はシェルパの達人と同様に便宜的に選択どおりの必要書類作成と提出、並びにベースキャンプまでの基本装備を手配いたします

トレッキングピーク

トレッキングピークのミニ遠征には、トレッキングとやや低いピークの登山が含まれます。トレッキングピーク登山には通常、岩登り装備が必要です。ネパールにはほぼ300のトレッキングピークがありますが、その内103ピークがトレッキング並びに登攀に開放されています。

簡単なクライミング経験としてお勧めのメラピーク(6461m)18日間トレッキング登山遠征

ベストシーズン

春:3月中旬~5月下旬

秋:9月下旬~12月第1週

正式に許可されている一番高いトレッキングピーク、メラ山の巨体は、エベレストの南部にそびえ立ち、未開の深い森の谷ヒンクーとホングードランカスの間の分水嶺を見下ろしていて、正しくはクンブーヒマラヤには属しません。ベースキャンプのメラ峠(5300m)から、大山塊、塊状モレーン地帯、いくつもの氷河湖と マカルー(8463m)、チャムラン(7200m)、バルンツェ(7230m)、エベレスト、ローチェを含む壮観なピーク、遠方にカンチャンジュンガ(8585m)、他にもたくさんの山々とヒマラヤ山脈の全部が本当に見えます。更にメラ高地キャンプそして頂上まで登ればもっと美しい、予想もしない、ネパール東部ヒマラヤのパノラマ全景が待っています。

メラピークはトレッキングが許可されている最も高いピークですが、他の山々よりも登りやすいです。急勾配のルートもなければ、急斜度の危険な氷河もありません。

日程 行程及び目的地 最高標高 時間 宿泊詳細
1日目 カトマンズ到着、ホテルへ移動 1335m.   ホテル
2日目 カトマンズでトレックの準備 1335m.   ホテル
3日目 朝ルクラへ移動(空路45分)し、チェウ・バス又はパユへトレック 2140m. 4-5時間 キャンプ/ロッジ
4日目 パングムへトレック 2300m. 4-5時間 キャンプ
5日目 チャトゥク・カルカへトレック 2700m. 4-5時間 キャンプ
6日目 バンブー・カルカへトレック 2900m. 4-5時間 キャンプ
7日目 コテへトレック 3691m. 4-5時間 キャンプ
8日目 タンナグへトレック 4358m. 3-4時間. キャンプ
9日目 休息日、山岳展望を楽しむ。   3-4時間 キャンプ
10日目 ディグ・カルカ又はカーレへトレック 4731m. / 5099m 3-4時間. キャンプ
11日目 休息日     キャンプ
12日目 メラベースキャンプへトレック     キャンプ
13日目 高度順応日、登山練習     テント
14日目 上部キャンプへトレック、とても美しい山岳展望が得られる。 5800m. 3-4時間 テント
15日目 メラピーク(6400m)登山、メラピークの頂からエベレスト(8848m)、ローチェ、ヌプチェ、プモリ、チョユー、マカルー(8463m)、チャムラン(7700m)、カンチャンジュンガ(8585m)の主要ピークと山脈、それにチベット側の山脈も見える。 頂上は6400m。それからベースキャンプ(5300m)又はカレに戻る。    
16日目 タンナグ/ゴンディシュングへトレック   5-6時間 キャンプ
17 タシン・ディンマへトレック   5-6時間. キャンプ
18 トゥリ・カルカへトレック   5-6時間 キャンプ
19 ザトラ・ラ(4700m)を経てルクラにトレック   7 – 8 hrs. ロッジ
20 7時のフライト(45分)でカトマンズへ戻る   45min. ホテル
21 カトマンズ宿泊、翌日(22日目)ネパール出国      

ネパール政府観光局より登山料金免除及び無料ビザの特別提供

1. ダウラギリ登山料金は、2010年5月7日から2011年12月31日までの期間、50%免除されます。またこの期間エベレストとダウラギリ登頂者に無料ビザが提供されます。(閣議決定2010年05月07日
2. ワデン・パウェル・スカウトピーク(5890m)の登山料金は、2010年3月31日から2012年03月30日まで全額免除されます。(閣議決定2010年05月07日)
3. ネパール中西及び極西開発区に位置する山の登山料金は2008年7月16日より5年間全額免除されています

その他のピークの登山許可規定

登山隊は登山遠征の許可を取らなければなりません。各登山隊は表1に規定する形式で内閣に願書を提出しなければなりません。

1. 登山隊のリーダーは、表12に規定する形式で、ネパール出国前に登山遠征に関する報告書を提出するものとする。
2. 登山隊のリーダーは、登山完了から5ヶ月以内に、英語またはネパール語で、登山遠征ルートの地図を付けた詳細な写真報告書を内閣に提出するものとする。
3. 登山隊は2項の写真報告書を提出する際に、登攀ルートから撮影した関係する各ピークの写真、ベースキャンプ及びその他のキャンプから撮影した写真、もしチームメンバーが山頂から写真撮影しているならその写真、これらの複写を少なくとも各1枚同封するものとする。
4. 登山隊は、登山遠征完了後にこの登山に関する書籍、冊子などを出版する場合、該当書籍、冊子の複写2部を内閣に送付するものとする。
5. 登山隊は、その登山遠征に関するドキュメンタリーフィルムを作製する場合、該当フィルムの複写1本を内閣に送付するものとする。
6. 登山料金が免除される場合がある
本規定に明記されていなくともネパール官報で公告される規定により、閑散期における以下の山の登山遠征について、政府が登山隊に登山料金の全部又は一部を免除する場合がある。
a. 登山隊のグループ数が少ない山、
b. 経済又は社会開発の観点から低開発地域に所在する山、
c. 技術的に登山しやすく、短期間で登山できる山。
7. 言葉の説明
a. 「閑散期」とは、6月~8月及び12月中旬から2月までの期間を指す。
b. 本規定に明記されていなくとも、ネパール官報の公告により、ネパール人の登山隊或いは外国の登山隊に合流し登山するネパール人登山隊のメンバーには、政府が登山料金の全部又は一部を免除する場合がある。
8. 証明書発行
内閣は、登頂に成功した登山隊及び各メンバーに表13に規定する形式で登山遠征証明書を発行する。

今予約する

ネパールトレッキング  

チベット・ブータン、シッキム  

お勧めの ツアー トレッキング と クライミング エリアー